スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けオヤジ予想/医療過誤について

こんばんは♪

僕の心の恋人文豪あいり~んさんとソウルメイトWINさんが僕のポン円ウソ予想に史上初めて反応してくれて嬉しかったんで、まだ水曜日ですが更新します。

ポン円15分足
420kekka.jpg
完全に意識されてます135.3円。まぁ僕と同じ意識を持った輩がこの世にいたという証明をいただいただけでEです。オヤジ狩りに会ってはいますけどね。

オヤジ狩りの様(むごすぎる)
420kekka1.jpg
完全にターゲットは僕ですよね?これって。世界の中心にいる気すらします。嗚呼この力を震災の復興に使う事が出来たら。


そういえば、こないだ弁護士事務所に行ってきました。顔のシミの件で医療過誤をやった医者を訴える為です。

担当してくれた弁護士は40歳前後のイケメン弁護士。

ぼかぁ右目の下に薄いシミがあって、それをあるヤブ医者に相談したら簡単に治ると言われ、液体窒素で焼かれてシミはひどくなってしまいました。

それは医療過誤だということで1億ベリーくらい請求したろうって事である法律事務所に行きました。

結果はDAME!

医療過誤って訴えるの難しいらしいですね。

担当してくれた弁護士は5年前まで医者側の弁護をしていた弁護士でした。彼曰く

『僕は怖いんで医者を選ぶときは細心の注意をします。医者はホントに怖いんで』

例えば、椎間板ヘルニアで苦しんでる人がいるとします。

普通に考えれば外科手術ではみ出したヘルニアを切除するか、薬で少しずつ治すか、治すとすればどちらかだという事は普通に考えれば分かりますが、あるヤブ医者が

『いやいや、椎間板ヘルニアは簡単に治ります。電気ショックを与えればいいんです』

と言って電気ショックを与えました。

当然ヘルニアは悪化し、立てないほどになりました。普通これは

『ふざけやがって!訴えてやる!』

となると思います。

しかし現実は

『電気ショックで筋肉のコリを治すという治療法があるのだから、それは椎間板ヘルニアにも有効だった可能性がある。椎間板ヘルニアに電気ショック療法が良くないということを立証せよ』

という事になるそうです。

立証なんかできないですよね?だから簡単には訴えられない訳です。

僕の右目の下のシミは極薄いものでした。液体窒素で焼き取るのは脂漏性角化症というホクロの大きい奴に限られます。

しかし、シミ治療に液体窒素が用いられるのであれば、なんで僕の薄いシミにはやってはいけないと言いきれるんでしょう。絶対にやっちゃいけないのならそれを証明せよ。って事になります。

だから訴えられない訳です。

離婚時の父の親権取得や今回の医療過誤などの問題。日本の法律は本当にDAMEポイント多すぎます。

まぁもういいんですが、医療過誤は訴えるのが難しいんで、むやみやたらに適当に医者を選ぶのは絶対に止めた方がいいです。みなさんは僕と同じ轍は踏まないようにね(^^)



↓マンション管理業務主任者は売れっ子なので、求人が出てる所に履歴書を出したら早速リアクションがありました。慎重に選びますが、やっぱり悩みます。不義理な今の会社に力は貸したくないですが、転職先に馴染む労力もかなり惜しい。先輩に相談してみよ・・・
Yahoo募金
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(3年目以降)へ
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは、丁稚トレーダーです。

接骨院の治療で頚椎のヘルニアになった丁稚には痛いほどわかる記事です。

これまた立証できないんですね。
日本の法律だと限りなく黒でも黒でないと白なんですよね。

No title

ポン円、明らかに弱ってます♪
今晩下落したらカリスマですね(・∀・)

しかもいきなり記事に登場してちょっと照れま~す。

でも裁判ってなかなか難しいですよね。
結局灰色のものが裁判になるから、今まで不動産絡み、金融絡みの裁判結構見ましたが、すっきり勝てるやつってないですよね。
それが医療になるともっと曖昧なんですね~~。
願わくば、ヤブ医者に当たらないように・・・・・祈るしかない??

ではではポン円の暴落を夢見て、おやすみなさ~い(^o^)/

丁稚さん

おはようございます♪

そんなことがあったんですか!?
ひどすぎますね。頸椎を痛めるって一歩間違えば大変な事になるところでしたね。
でも我々被治療者はお医者様がまさかそんな手違いをするなんて思ってもみないですからね。
首を"ごきっ!"ってやるのだって
『わぁビックリした。正に荒療治』
なんて気楽に捕えてしまうのが常ですもんね。
そういう教科書が教えてくれない知識は僕が被験者となって子どもに伝えていきたいと思います。
親はなにかと"危ないから"とか"もったいないから"とか口うるさく言うものですがやはりそういう流れでそうなっていくもんなんでしょうね。
ちなみに昨日も脂肪吸引でおひとり亡くなりましたね。ホントに医者は怖いです。

あいり~んさん

おはようございます♪

紙面への掲載はアポ取ってからってのが常識でしたね。すみません。
あふれる愛を抑えられませんでした(^^)
今回意識されたのはレジスタンスじゃなくてフィボナッチ23%でしたね。まぁ後付けなんで意味ないですけど。

医療過誤はほぼ立証できないってものだと思っていた方がいいです。
出来る事があるとするなら、治療に入る前に何箇所か診察を受けてカルテを作っておいてもらうって事くらいです。
ただそれとてその後起こる医療過誤に対して他の医者が証言してくれるかと言えばそれも難しいらしいです。
医療という独占領域には願わくば踏み込みたくないものです。
早くドラえもんの"お医者さんカバン"が開発されないものでしょうか。一緒に住むようになったらお医者さんごっこしましょうね(^^)

No title

医療裁判はあきらかに事故といえるものでないと、勝てないようになっていますよね
例えば、手術してガーゼを腹の中に入れ忘れたのような・・・

風邪と診断され、薬をもらって、でも実は別の病気だったから薬を飲んで悪化した
という場合は『やむえない誤診』であって事故ではないと解釈されますから、裁判してもまず負けます

私は医療事故・ミスの話やニュースなどを聞くと、わざとじゃないからしょうがないんだろうなと思うのですが、今回のように知り合いが医療ミスの犠牲者になると『ゴラァ』って思います

人間の感情は難しいです。。。

WINさん

こんにちは♪

確かに誤診はしょうがない気がします。
風邪と気管支炎とマイクロプラズマ肺炎、咳をしたからそのうちのどれかを見極めろっていうのはちょっとすぐには出来ないですしね。
風邪の薬を出して
『様子を見てください』
ってのはありだと思います。
ただ丁稚さんの、整体で頸椎をやられたっていう話や僕の日焼けからくる普通の薄いシミを脂漏性角化症と同じように液体窒素で焼いて炎症からくる色素沈着を起こしたっていう例は、明らかに防げた間違った治療です。これを法律で裁けないっていうのは極めて悪質な司法の怠慢であると僕は思いますね。
僕がカダフィ大佐だったらそんなブラック医者は即やってしまうところです。
住宅関係でも良くあります。
プロとして看板を掲げている業者が教科書に載ってるような代表的なミスをやって
『いやこれはしょうがないんです』
なんて言ってたりね。
餅は餅屋と言いはしますが違うと思いますね。
『担当者の知能』
だと思います。
ネットの力で口コミ評価を促進して悪質な医者や業者が生きていきにくい世の中にしていきたいものです。

>知り合いが医療ミスの犠牲者になると『ゴラァ』って思います

愛してくれてありがとうございます♪
僕もWINさんがピンチの時はいつでも命を投げ出しますからね(^^)

No title

シミひどくなっちゃったかぁ;;;

あたしもシミ取りしたいけど。。。。
あきらめよ><

株で大損こいたママさん

おはようございます♪

悲しいのであんまり書かないですけど、
『ひどくなった』
ってレベルじゃないですよ(TT)
美容整形で顔じゅうやったもんだからシミは広がってもはやアザになってしまいました。
信じられないと思いますが、アザを集めたらヤングブラックジャックみたいになっちゃうかもしれないくらい広範囲です(TT)
美容整形で施術した後、化粧品屋に行ったらあまりにひどいので店員さん口を抑えて"はっ!"って息を飲んでました(^^)
僕は今回思いました。
『身体にメスを入れるのはどうしようもない時だけにした方がいい』
って。
それならこないだの記事で紹介したCoverMarkでちょんちょんと隠した方が絶対いいと思います。すごいカバー力なのでかなり消えます。
毎日自分の顔を見て
『これ女子だったら生きていけないかもな』
と思ってます。ママさんも止めた方がいいと思います。人それぞれ体質も違うから何とも言えないけど敢えて言わせてもらいます。
まぁぼかぁ何があってもあなたの事を愛し続けますけどね(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

makeoyaji

Author:makeoyaji
FXで経済的自由を勝ち取るのか。
世捨て人として本当の自由になるのか。
まぁそんな事言いながら今のまま老いていくんでしょうな・・・

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。