スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てました/専業主婦をどう見るか

6月23日のトレード

ノートレ

今日は代休をいただきました。

うちの会社は残業代が出ない代わりにきっちりその分は休ませてくれます。

午前中に用事があって午後はトレードに勤しもうと思ってたんですが、寝てました。

ポン円15分足
623_1.jpg
あんまりこんなに分かりやすいシグナルは出ないんですが・・・まぁいいか、オヤジが参戦してたらきっと曲がったと思うし(TT)



午前中は父母会の仕事でした。

オヤジはベルマーク委員なので同じベルマーク担当の二人の奥様と公民館で集計作業をしました。

その奥様たちはとってもいい人たちで、意外ときれいどころで楽しい時間を過ごせました。

色々お話をしましたが、お二人とも専業主婦だそうです。

なんだかんだ言って専業主婦を満喫してるって感じでしたね。

『もぉ無理!仕事なんか絶対出来ない。あたしなんかパートでも無理だもん』

って言ってました。

まぁ羨ましい限りですね。うちの妖精(29歳♀)は毎朝5時半に起きて6時過ぎには出勤します。オヤジも早く仕事を安定させて、妖精もこの人達みたいな働かなくていい身分にしてあげたい、そう思いました。

でも専業主婦。この世の中に必要な存在なんでしょうか、微妙な問題だとは思いますが、少子化である事、GDPが減ってきている事、増税されそうな事、そういう事を色々考えると専業主婦のあり様も少し考えないといけないんではないでしょうか。

専業主婦を

『固定資産』

と考え、家に専業主婦を置いている人からは、所得×10%の固定資産税を徴収するとか、旦那さんが厚生年金でも奥さんが専業主婦であれば遺族年金は発生しないとか、そういう風にして、世の中の女性の立場を平等にして欲しいとオヤジは思いました。

やっぱりオヤジは専業主婦嫌いです。ダラダラしてて全然自分の存在理由を認識しようともしない。自分の商品価値は永久不滅だと思っている。

世の男性陣はもっと家事をやって(絶対出来ますから)、専業主婦がいなくてもいい状況を作っていきましょう。ダラダラした専業主婦はどんどんリリースして、やる気のある女性を増やしていきましょう。

離婚の時の慰謝料?何千万も取られるっていうのは本当に妄想です。

『自分にとっての不利益性』

を理由にすれば、慰藉料はほぼ0円でいけるはずです。一度やってみませんか?


↓ここにコメントしてくれる女子たちはみなさん色んな状況で頑張ってる方たちです。秘密コメントなんかでやり取りさせてもらったりもしますが、みなさんすっごく頑張っています。うちの家人も毎日本当に頑張っています。今日の記事は賛否両論色々あるとは思うんですが、ダラダラ専業主婦と頑張ってる女子とあまりにも開きがあってどうしてもその状況を溜飲出来なかったので記事にしました。もちろん色々辛い想いをされてたり、家族の為に一生懸命頑張ってる専業主婦の方も大勢いると思います。その方たちを否定するつもりで書いているものではありませんので、その部分はご理解いただきますようお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人へ

スポンサーサイト

コメント

No title

あたしは専業主婦ってステキだと思いますよ~^^

したいけどできない環境でしたが;w;

どちらにしても選べる環境がいいですね^^
専業主婦するも働くもどっちでもいいぉってゆーよーな環境がいいですね~^^

そうして今日も夜なべ仕事ですがwwww

株で大損こいたママさん

こんばんは♪

そりゃ仕事しないでいいっていうのは素敵かもしれませんけどね。
『えー仕事してるって家事はどうするの~』
とか言ってるのを聞くと、アウシュビッツの強制収容所に送り込みたい衝動にかられます。
大変な想いをしている女子とあまりに開きがあると思うんですよね。
専業主婦を名乗ってる人達はどんだけ家の事をやってるんでしょうね。川越達也レベルなんでしょうねきっと。でも育児と家事を経験した僕から見たら
『楽だよな~』
ってどうしても思ってしまいます。じゃ
『楽じゃいけないのか?』
ってなると思うんですけど、国債残高が600兆、国民一人当たりの借金高500万円の状況を考えると、絶対だめだと思います。
楽して納税もしないとどころか、控除の対象になってる専業主婦。払ってもいない年金をもらう権利を有する専業主婦。
口の立つ専業主婦が色々権利を主張しますけど、実際会って話をするとニートとほぼ変わらない生態です。
国営で絹工場でも設立して、専業主婦の就業場所としましょう。
良質な絹をたくさん作って世界に輸出し、納税に貢献してもらいたい。
子供手当の事を聞かれたら分かったような顔して
『子どもたちに借金を残したくない!』
とか主張するのを良く見かけますが、だったらおめーら働いて国の借金返済しろや!ぼかぁ熱くそう思いますね。

No title

子供から見たら専業主婦はいいじゃないかな?
お母さんがいつ帰っても家にいる・・・って感じ。昭和の匂いもしますけど。
これは本当に賛否両論で、信念や夢を持ってガンガン働くにしろ、実際家事どころか子供を持ったら、絶対子供に寂しい思いをさせるでしょうね。
3歳神話というのはあると思いますよ。しかし、キャリアを目指す人間に3年のブランクは痛い。
それに生活のために働かざる得ない人もいる。

専業主婦と言うか、「妻」という立場にあぐらをかいてる人は嫌いですが、あんな明確な成果の出ない、しかも報酬のない家事に明け暮れる人を、私はすごいと思います。
だって私、ムリだも~~~ん(^_^;)

朝、昼、晩とご飯を作り、掃除、洗濯、子供の習い事の送迎、夫の世話・・・・。
気が付いたら20年くらいあっという間。
子供は一人で大きくなったような顔をして、感謝どころか「お母さんみたいにはなりたくないわ」と軽く侮蔑の眼を向けられる。それもきついですよ。

仕事としては私は専業主婦が一番割りに合わない仕事と思ってます(笑)

外で働くのはわかりやすいから。報酬もあるし、やりがいもある。家事に手を抜いても許される。多少のお金もあるし、自由もある。

結局、みんな自分が楽な道を選ぶのではないでしょうか?

あいり~んさん

おはようございます♪

そういう風に考えるってもんなんでしょうね。
ただPTAとか父母会とかの係って絶対まわってくるんですよね。うちの地域なんかひどくって小学校で役員をやってない人は中学でやらされるんです。
そりゃ昼間仕事がなければナンボでも協力しますよ、でも専業主婦主体で平日の昼間に会合なりを開かれて
『係なんだから会社休んで来て下さい』
って感じですから仕事持ってる人間からしたらたまったもんじゃないですよ。
全ての人がそうだとは言わないですけど、少なくとも僕が接する専業主婦の全ての人が、社会人的視点から見たらそういう点で
『浮世離れ』
してるんですよね。そして自分が標準だって思ってる。ワーキングママと比べたら全ての点が違うのに。それでぼかぁ反感を持ってしまうんですよ。
まぁ今のうちの大変さは僕の選択ミスだったり、不運だったりするものからきてるものですから、それに合わせろなんていうつもりはないんですけどね。
『えー仕事なんかパートでも無理~』
とかいう人の方が税法上優遇されてるなんておかしいと思うんですよね。
まぁそんなこと言っても仕方ないし、確かに子供にとってはママが家にいた方が安心出来る部分もあるでしょうしね。

でもこんな反社会的な記事にコメントしてくれてありがとう、あいり~んさん♪

No title

うちは専業主婦なのですから、こんな意見になるのでしょうが、私としては子供に母親がいたほうがいいような気がするから専業主婦してもらっています

これは嫁の意思ではなく、私の意志です
子供が巣立つ頃には多分年を取った同居中の両親の世話のためにやはり専業主婦の継続だと思います

専業主婦の母の元で育ち、専業主婦の嫁を持つだんなの意見としては、だんな(もしくはよめさん)1人の給料で生活がまかなえる給与体系になったほうがいいような気がします

まぁ、後はどのレベルの生活をしたいかという家庭の問題ではないでしょうか?
私が仕事をしているのは生活のためです
BIGTOTOが当たったら、即仕事をやめて、子供が巣立つまで子供と一緒にすごします
皆さんの考えもそんなもんじゃないですか?

WINさん

こんにちは♪

WINさんもそういうご意見ですか~。どうやら専業主婦は必要って結論でいいようですね。
僕も昨日は色々あって専業主婦を否定しましたけど結局はうらやましいんだなって今日気づきました。

>1人の給料で生活がまかなえる給与体系になったほうがいいような気がします

そこですね。うちの場合は家人にも働いてもらわないと生活が回らないんで、自分の不甲斐なさで余計に悔しかったんだと思います。
僕も早くWINさんみたいに自分だけの給料で家族を養えるようになりたいです。

ご親族が大変な最中、貴重なご意見ありがとうございました(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

makeoyaji

Author:makeoyaji
FXで経済的自由を勝ち取るのか。
世捨て人として本当の自由になるのか。
まぁそんな事言いながら今のまま老いていくんでしょうな・・・

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。